ROCK&BIRD COME ON TERNS! :TERN PAGEs 2004   2003 SAITAMA,IBARAKI,CHIBA, JAPAN

「ターンページ」

観察種
コアジサシ LITTLE TERN
アジサシ COMMON TERN
アカアシアジサシ
コシジロアジサシ ALEUTIAN TERN
キョクアジサシ ARCTIC TERN
ハジロクロハラアジサシ WHITE WINGED TERN
クロハラアジサシ WHISKERED TERN
ベニアジサシ ROSEATE TERN
オニアジサシ
ハシブトアジサシ

(画像なし)
エリグロアジサシ BLACK NAPED TERN(HONG KONG)
ハシブトアジサシ GULL BILLED TERN(HONG KONG)

RECORDED2004 記録表

TOPへ戻ります。


オニアジサシ ROSEATE TERN L33-36

[04/11/3〜11/4 沖縄具志干潟 OKINAWA KIN ]
ハシブトアジサシ ROSEATE TERN L33-36

[04/1025〜10/27 沖縄具志干潟 OKINAWA ]
コシジロアジサシ ALEUTIAN TERN L33

飛翔時かなり体全体(特に上面)が灰色で濃く見えます。頭部の特徴はやはりオデコの白です。

[04/06/13 九十九里 KUZYUKURI CHIBA]
キョクアジサシ ARCTIC TERN L36

[04/05/26 三番瀬 SANBANSE CHIBA] 
とにかく短足。嘴と足の赤はアカアシアジサシよりもクロハラアジサシといった印象。尾羽は風切を越えるとよく言われますが、野外ではわかりにくいです。
ベニアジサシ ROSEATE TERN L33-36

[04/06/24 九十九里 KUZYUKURI CHIBA]

1.[04/06/23 波崎 HASAKI IBARAKI] ベニアジサシ?→ベニアジサシ
この個体は夕暮れに2-3分、波崎の干潟に舞い降り、すぐに飛び立ってしまった。アジサシはびびりでウミネコの群れが上空を飛ぶと大騒ぎしますが、しないときもあるのでこれはどう
ゆうわけなのかよくわかりません。風切は先端まで白く見え、尾羽はかなり突出しています。嘴は長く、赤く、先端(前半)がかなり黒いです。これらの特徴からベニアジサシでいいと
思います。頭部の黒がかなり多く感じました。背中はこれまで見たベニアジサシよりかなり薄く感じました。ベニアジサシの水色がかった感じよりは薄い灰色がかった白色。胸にピンク
味がない個体をあまり見なれていないのだと思いまずが、ベニアジサシ?としました。足は赤く、短くなかったです。
『背の色、初列の色、バランスからして嘴がかなり細長く見える、などの点からベニアジサシでOKです。』氏原氏コメント


★TERN X

 

[04/06/13 波崎 HASAKI IBARAKI] キョクアジサシorアジサシ1S 
 
相当足が短い。目の周囲の黒が多い。嘴が細い。頭が丸い。
「脚の長さはキョクでもおかしくはないように見えます。ただ、アジサシでも腹の羽毛を膨らましていると意外に短く見えることはあるので、一応その辺は要注意です。
あと眼を半分閉じているように見えるのですが、そのせいか顔のパターンや雰囲気がどうも分かりづらく、典型的な「キョク顔」にも見えないのでその辺がちょっと微
妙な感じです。典型的な「キョク顔」というのは目の周囲がとにかくべたっと真っ黒く、頭も丸いのでまるでパンダのような顔に見え、もう顔だけでも一見してわかる
という感じです。ただ個体や状況によっては一見それほどわかりやすくはないこともあるにはあるので、この個体ももっといろいろな状況で見たらまた違って見えるかも?
という感じもするんですが、角度もかなり後ろ向きだし、それ以上は何とも言えないかな、と思います。キョクの嘴はアジサシより小さく見える傾向がありますが、アジ
サシも個体差等はあって、それなりに変に見えることもあるので、やはり他の特徴も全部合わせて考えた方がいいです。」(氏原氏)

 

[04/06/30 三番瀬 SANBANSE CHIBA] ハシブトアジサシ?アジサシ?→アジサシ?
干潮時、コアジサシと共に干潟の降りて居た。かなり遠かった。大きくて、嘴が太く、風切がかなり黒く、ずんぐりむっくり、
ハシブトアジサシでは??と思った。当日は強風と小雨で、いちおう撮影しておいたが、観察中。ほとんど後ろ向いたまま。その後飛び立ち、ボバリングして、採餌行動し
ていた。ハシブトアジサシのエサの捕り方は独特と聞くがそれがどんなものかいまひとつわからない。飛翔時も翼先端がかなり黒く感じた。しかし、、、この日は
ハシブトアジサシを探しに行ったので「見たい。。見たい。。。」から来る幻想な気がして?にしています。(笑)ハシブトならもっと背が薄く嘴も太い?
『ちょっと撮影条件が厳しいんですが、どうもアジサシのようです。脚の長さはかなり重要ポイントなんですが、長さが足りないように見えます。あと脚の色がやや赤みが
かっているように感じますが、ハシブトアジサシではそういう例は記憶にない気がします。(改めて少し画像を探してみましたが、その範囲ではとりあえず脚は真っ黒でした。)
嘴もちょっと細いかなと思います。ハシブトアジサシは図鑑や写真だけ見るとアジサシにも似て見えますが、実際見ると妙に「白くてでかくて背が高い」という感じで、
アジサシとそう迷うような感じの鳥ではないです。むしろ脚の長さや嘴の太さなどのせいで、アジサシというよりなぜかズグロカモメに似た雰囲気があります。
干潟の上を飛びまわり、急降下してカニを捕る行動もズグロカモメによく似ています。(氏原氏) 』

[04/08/31 三番瀬 SANBANSE CHIBA] ハジロクロハラアジサシ?orハシグロクロハラアジサシ?

 

永井真人