シラサギの仲間

左から、ダイサギ〜チュウサギイ〜コサギ〜アマサギ  おおよその大きさの比較。くちばし、足、首の長さにも注目して見分けましょう。

(冬羽)

 募集中

ダイサギ冬羽:
シラサギの仲間で一番大きい。首も足も長い。
主に広い水辺を好む。
くちばし=黄色
足=全部黒い

チュウサギ冬羽:
コサギとダイサギの中間くらいの大きさ。首と嘴がダイサギよりもかなり短く見える。
田んぼなどを好む。
くちばし=黄色
足=全部黒い

コサギ冬羽:とにかく足の先端が黄色いのです。
シラサギの仲間で一番大きい。首も足も長い。
田んぼにも水辺にもいる。
くちばし=他の2種より細く、黒色
足=全部黒い

ダイサギ冬羽顔:首がひょろ長い
*くちばし下が顔にはっきりと食い込んでいる。目を越えて後ろに伸びている。(この点はチュウサギとの見分けでとても有効)
くちばし=黄色。目先は濃い黄緑色。

チュウサギ冬羽顔:首がダイサギよりかなり短い。
*くちばし下がほとんど食い込んでいない。目を越えずに終わっている。
くちばし=黄色。目先は黄色〜薄い黄緑色。

コサギ冬羽顔:
くちばし=黒。冬にくちばしが黒いのはコサギだけです。

*ダイサギ冬羽顔-2

*チュウサギ冬羽顔-2


アマサギ冬羽:シラサギの仲間でもっとも小さい。くちばし、首、足が他の種より短い。
くちばし=黄色。短い。目先はくちばしと同じ鈍い黄色。
足=黒い。

アマサギ冬羽の顔

チュウサギ冬羽

※アマサギとチュウサギは主に国内では夏鳥なので冬羽を見る機会は春と秋の短期間です。九州や南西諸島では一部越冬しています。

募集中

募集中

クロサギ(白色型):かなり短足に見える。生息環境が他のシラサギ類と異なり、主に、海岸や岩礁。
くちばし=黄色
足=黄色

クロサギ(白色型)の顔


カラシラサギ冬羽
コサギによく似ている。
くちばし=上が黒で下が黄色。
足=黄色味のある黒。足先は黄色。
(画像は夏羽〜冬羽に移行中で、冠羽が残っています。)

カラシラサギ冬羽の顔

カラシラサギは海岸や干潟を好んで生息。すばやく走り獲物をおいかけて捕まえる習性があるが、コサギでもそういった個体はかなりいるのであくまでも補足的な識別点です。コサギは主に、足を震わせてゆっくり歩いて獲物を捕まえます。

チュウサギ冬羽の顔:顔は似ていますが、足の色が全然違います。

※カラシラサギは数の少ない鳥です。主に旅鳥ですが、長く滞在する個体もいます。

募集中

ダイサギの足

コサギの足


つづく。