♪鳥くんの フィールドノ-ト2006 4月 

4/28 多摩川中流〜上流:カラス、スズメ、カワラヒワ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、コゲラ、コチドリ、イカルチドリ、イソシギ、コサギ、アオサギ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、カワウ、コガモ、カルガモ、ガビチョウ、ムクドリ、カワガラス?、セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワセミ、

いい天気だ〜〜〜〜〜〜!!!青空〜〜!!!ツバメが巣材を集めてる。コチドリもイカリチドリも超かわいい〜〜!なぜかコゲラが草むらでエサをとってる〜〜〜。眠くなってきた〜〜>そろそろ引き上げるか。。。そんな一日。


4/28 井の頭公園:ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、エナガ、キジバト、オオルリ、キビタキ、エゾムシクイ、カルガモ、マガモ×カルガモ(雑種)、キンクロハジロ、ハシビロガモ、バン、カイツブリ、コジュケイ、ツグミ、アカハラ、シロハラ、ウグイス、ホオジロ

オオルリがかなりゆっくり見れた。大サービス!!そのわりにデジスコはまたもや失敗(トホホ)。キビタキが数ケ所にいた。アカハラがさえずってる。気付くと春の公園は人だらけになっていた。Let's早起き!
4/26 多摩霊園:ハシブトガラス、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、シメ、ツグミ、コルリ、ヒヨドリ(アカハラ、キビタキ、オオルリ)

 おまけ:去年の白樺峠の画像を見ていたらアカハラダカみたいなのが写ってた。しかしこれしか画像がなく迷宮入り〜〜。

久々に都内でコルリを見た。かなりきれいな♂。わりとゆっくり見れたんだけど、天気がいまいちで久々に664で撮影したらデジスコは失敗〜〜〜。夜は池袋で、夜探だ!!!駅地下の謎のバーは結局見つからなかったが、フクロウ類に出会えた。
4/22 バードカビング

ほぼ完成!次回でできあがり〜〜。次何作ろうかな〜〜?(まだやるのか!!)
やっぱカモメかな〜〜?でも実寸大で作りたいけどな>>>時間かかるよな、、、迷う、、、
4/21 山中湖:ハシボソガラス、オナガ、カケス、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、シメ、カワラヒワ、アトリ、カシラダカ、ホオジロ、アオジ、シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、ウグイス、ツグミ、アカハラ、クロツグミ、コルリ、オオルリ、ヒヨドリ、モズ、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、タヒバリ、ハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、ツバメ、イワツバメ、アマツバメ、ヒバリ、トビ、キシバト、ドバト、アオサギ、カルガモ、マガモ、コガモ、オオバン、


前日相当酔っぱらってしまい、フラフラのまま、一足早く、夏鳥に会えるかな〜〜?と山中湖に出かけてみた。
個体数はともかく、トケン類、マミジロがいないくらいでわりとそろっていた。キビタキはちょっと遅いようで山中湖では見かけなかった。地元の人の話しでも今日、昨日に初めて声を聞いたそうだ。帰り道別の場所で声を聞いた。久しぶりに忍野に行った。以前より観光地らしさがなくなっていて、よかった。鳥もけっこういた。ハリモミ純林の周囲の農地が楽しかった。コムクドリを見かけたり、カシラダカがばっちりさえずっていた。メジロに節回しが似ているな〜〜と思った。
カーステはDOORS、MISSING PERSONS、EMF、ラフィンノ-ズ、PEES。DOORSジムモリソンってピッチがいいな〜〜と今更思った。
4/17 多摩霊園、井の頭公園:ハシブトガラス、オナガ、ムクドリ、スズメ、シメ、カワラヒワ、オオカワラヒワ、アオジ、クロジ、シジュウカラ、エナガ、ヒヨドリ、コゲラ、メジロ、ウグイス、ツグミ、コジュケイ、キンクロハジロ、オナガガモ、オシドリ、カルガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、バン、

井の頭公園ではオオルリが出てた。多摩霊園ではキビタキが昨日一日だけいた。と聞くばかりで出会えない今日この頃。毎日通ってる人たちにはやはりステキな出会いが待ってるんだろう。鳥に出会えなくても、春の雑木林はほのぼのした空気間だけで楽しい。今日はキリガミのプロさんと出会った。カブトムシにヤギさん。あっという間にハサミでチョキチョキ。オリジナルハガキやブロ-チも見せてもらった。ステッカーをもらたのでスコープに貼った。JBFに毎年出演してるとのこと。知らなかった〜〜不覚。井の頭公園のカモは急激に数が減り、すでに子供を連れたカルガモがいて、冬鳥たちとはそろそろ本当にお別れだ。

4/15(土)新多摩川ハイム講演会

まじで楽しかった〜〜〜>参加者限定ってのもいいね〜〜〜!!!なんでも話せちゃうし(笑)。場所もオレにとって思いでの場所だった。
新メンバーのバンドもなかなか好評だ〜。手作りイベントはあったかくていい。昼にごちそうになった生姜焼き定食が激ウマだった。
(主催=新多摩川ハイム、バードウォチング同好会の報告
4/14 井の頭公園、多摩霊園:ハシブトガラス、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、シメ、アオジ、クロジ、シジュウカラ、エナガ、ウグイス、ルリビタキ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ツグミ、アカハラ、シロハラ、トラツグミ、キジバト、コジュケイ、ドバト、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、オシドリ、ゴイサギ、バン、カイツブリ、


4/13 神奈川県鶴見川(綱島)オガワコマドリ、イソシギ、セグロカモメ、カワウ、アオジ、ドバト、ムクドリ、など

青がきれいになってきたと聞いていたので、行ってみた。そろそろいなくなっちゃいそうな汗ばむ春の陽気。
同じように青が気になってやって来ている人は多く、一時は5人くらいだったが、本日は30人ほど集まっていた。
大サービスで長い間現れ、木の上でさえずったり、歩き回ったり、明日いなくなっちゃうのかな??ってくらいのサービスぶりだった。

4/12 ホビイズワ-ルド夜カモメ勉強会

よくわからんポ-ズになってるオレ。

プロジェクタで写真を見せているんだけど、

暗がりであやしい宗教みたくなっちゃってるカモメ教〜〜(笑)

満員御礼!季節はずれの勉強会。タイトル通り、普段よりもマニアックに2時間ぶっ通しで話して来ました。
鋭い質問がこれまた楽しい!こんだけマニアックなのは、はじめてやったので、次回はより一層深くやってみたいと思ったのでした。
後半は専門用語ばかりで日本語に聞こえなかった(笑)と言うスタッフの感想が印象だった。
でもわからんないもんはわかんないでいいし、あんまムキになって傷つけあってやるほどのもんでもない。熱く、優しく、楽しく!
しかし、HOBBY'S WORLD のオーナー?さんがあそこまで鳥好きだとは知らなかった。そりゃそうか、、、(笑)
カモメ本この日に完成!!うれしくてイラスト付きサインをたくさん書いてしまった。今後の目標を失いオレはさまようのだ。(嘘)本屋さんには月末くらい。
お待たせしております(ペコリ)
4/8.9 千葉県銚子、茨城県神栖市波崎〜ちょこっと西の州干拓:ハシブトガラス、ハシボソガラス、ムクドリ、カワラヒワ、スズメ、ハキセキレイ、タヒバリ、ウグイス、オオセッカ、ホオジロ、カシラダカ、オオジュリン、ホオアカ、セッカ、ヒバリ、モズ、ツグミ、イソヒヨドリ、シロハラ、ノスリ、トビ、チュウヒ、アオバト、キジバト、ドバト、ツバメ、キジ、シノリガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、ホシハジロ、スズガモ、カルガモ、コガモ、サンカノゴイ、ゴイサギ、コサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、カモメ、ウミネコ、ユリカモメ、カナダカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、モンゴルカモメ(mongolicus)、ミツユビカモメ、アメリカセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ウミウ、ヒメウ、カワウ、カワセミ、ミヤコドリ、コチドリ、アカアシシギ、ツルシギ、オジロトウネン、トウネン、ムナグロ、イソシギ、タシギ、

イワシの水揚げ時期の変化に伴って、カモメの帰る時期が年々遅くなり、4月がピークか?というくらいカモメだらけ。もちろん繁殖もあるので、早く帰らなくちゃいけないのはカモメも重々承知だとは思う。カナダカモメ、アメリカセグロカモメ(smithsonianus)、モンゴルカモメ。見つけたかったカモメは全部いた。
この日は500tのイワシ水揚げがあり、カモメたちはひたすらフィーバー。落ち着くことがなく、振り回されまくった。「見つけた!」と思ったら車がブ〜〜〜ンと来て、飛び立つ。漁船が港に到着して乱舞する。群れの中にいて全身が見えない。ひたすら飛び回る、などなど、ただでさえ、夏羽になり、頭部が白くて、何がなんだかわからないのに!!!湯〜ぽ-と波崎のお風呂が心地よくかった。シギチもちょこちょこ見れた。アカアシシギとジロネンを近距離でゆっくり見たのが収穫。シノリガモもまだいたが、クロツラは見当たらなかった。波崎の町中でアオバトの声を聞いた。立ち寄った葦原でチュウヒを見ていたらサンカノゴイが鳴いていた。ちとおもしろく、真剣で、クレバーな夫婦にいろいろな野鳥業界の話しを聞いて、非常にためになった。それとは別に、銚子でアマチュア映画祭みたいなものがあるらしく、インタビュ-を受けた。なんか楽しいおっちゃんだった。カモメ本を予約してくれた。いろいろな出会いが鳥見をますます楽しくしてくれる。
今回は、車3台=5名だったので、様々な車を運転した。どうすれば、みんなでうまいこと鳥見ができるか?は今後の課題だ。
モトリ-クルーのGIRLS×3を久々に聞いて、トミ-リーの簡単ドラムが笑えた。
秋が瀬にいるというハチジョウツグミ。今週行けたらいいな。
4/7 小金井市他

不忍池のオオセグロカモメ1w
4/4 東京都台東区上野不忍池 ハシブトガラス、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、バン、オオバン、カワウ、オナガガモ、矢ガモ、キンクロハジロ、コスズガモ、ヨシガモ、カルガモ、コガモ、アオサギ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、

地元の常連さんがいろんなことを教えてくれた。金色のスッポンの話や、緑色の桜の花の話。ハトを食べる大きなカメの話。毎日通って見てる人にしかわからないことがそれぞれのフィ-ルドにあるんだな〜〜〜と思う。見たかったコスズガモもばっちり見れた。思ったよりも頭部が緑色に見えるときが多かった。4年目のヨシガモはあいかわらず、首を左右に振っていた(笑)。超でかいタコヤキがうまかった=500円。


FIELD NOTE
WORLD・海外探鳥記録
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2月タイ Thailand
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

1月タイ Thailand ◆4月タイ Thailand ◆6月カムチャツカ&ウラジオストック Kamchatka & Primorye Vladivostok ◆11月タイ Thailand ◆12月 ホンコン HongKong

2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

4月-5月エクアドルEcuador (America=Houston)  11月タイ Thailand

2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1月-2月カナダバンクーバーCanadaVancouver 2月-3月タイ Thailad   
9月オーストラリアケアンズAustralia Cairns
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2月タイ Thailand  3月タイ Thailand
2006年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1月Canada =ニューファンドランド Newfoundland トロントオンタリオ Toronto, Ontario    12月ホンコン HongKong
2005年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  
2004年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12